冠婚葬祭の参考にされる六曜

冠婚葬祭 六曜

冠婚葬祭 六曜について

冠婚葬祭の参考にされる六曜

六曜は日本では最もポピュラーな暦注で、中国で発祥して14世紀に日本に伝わりました。
現在の形になったのは19世紀のはじめのことで、中国の本来の六曜とはかなり内容が変わっています。
幕末には民間でも多く使われるようになりましたが、明治時代に入ると政府によって暦に記載することを禁止されました。
再び普及するようになったのは第二次大戦後のことです。
六曜はその名のとおり6つの曜を順番に繰り返すというもので、冠婚葬祭の日取りに影響することがあります。
一番目の先勝は急いだ方が吉とされており、何かをするには午前中に済ませた方が良いとされています。
次の友引は、仲の良い友達を呼び寄せると言われているため葬儀を行うには適していません。
先負は先勝の逆で午後が吉です。
仏滅は何事をするにも凶なので祝い事には向いていません。
逆に大安は縁起が良い日であり、結婚式をはじめとする祝い事はこの日に行われることが多いです。
最後の赤口も祝い事には向きません。

あなたにピッタリの作品を見つけませんか?

広告デザインにお悩みならこちら

風評被害対策ネットワークと解決しましょう

冠婚葬祭 六曜関連情報

冠婚葬祭と六曜の関係

カレンダーに記されていることもある六曜はもともと中国から伝わったもので、先勝と先負、友引と赤口、大安

冠婚葬祭における六曜の扱いの現状について

六曜は室町時代に日本に伝わったとされますが、全国的に広がったのは江戸時代の事で、併せて吉凶を表すもの

冠婚葬祭と六曜の関係性

六曜とはもともと中国で生まれた思想で、毎日の吉凶を占いために用いられていたものです。
先勝・友

最新の冠婚葬祭 六曜